個人間でのお金の貸し借りはしない方が良いと思う件

私は個人間でのお金の貸し借りは良くないと思っています。
日々の生活の中で””お金を借りる場所””というものは何処にでもあると思います。昨今は何社もの消費者金融のテレビCMも目にしますし、PCや携帯からでもお金が借りれてしまいます。
消費者金融だけでなく、クレジットカードのキャッシングや銀行などもキャシングができてしまいますし、車や家など高額な買い物をするときはローンがつきものです。
しかし、上であげた所での借金には必ず審査があり借りる人の返済能力や給料の額などをしっかりと吟味したうえで、厳しい契約規約にのっとってお金の貸し借りが成立するものであり誰でも借りれるという物ではありません。
しかし個人間でのお金の貸し借りというものは、面倒な審査も細かい返済プランも存在しません。そんな事からトラブルも起きやすいと思います。
私も昔、友人にお金を貸してトラブルになった事があります。その友人は小学生からの幼馴染で大人になってからもよく遊んでいました。
ある日、友人が生活費が足りないから少し貸して欲しいと言ってきたので親しい友人だったのもあり3万円を貸しました。この時とくに返済の期日なども決める事なく貸してしまったのがトラブルの原因でした。
三ヶ月経ってもなかなかお金は返ってこず、連絡をしても今まだ厳しくて…とはぐらかされてばかり、結局お金が返ってくる事はなく友人とも音信不通になってしまいました。
何十年も親しくしていたのに一瞬でその関係が崩れてしまい、なんだかお金が返ってこない事よりもそっちよ方が辛かったのを覚えています。
私は、友人や知人から借金をしてしまうと良くも悪くもあまりいいお付き合いができなくなってしまう気がしてなりません。
借金はしない方が一番ですが、借りるなら消費者金融の方がドライな関係が保てていいのではないかと私は考えます。

ホットヨガスタジオLAVAの口コミ体験談