1人暮らしって実は貯金しづらいので注意が必要

一人暮らしをしていると、どうしてもコストがいろいろ割高になります。何よりアパートなどの家賃を支払わなければいけませんし、光熱費もかかります。

二人暮らしであれば、家賃は折半できますが、一人暮らしであれば、生活にかかるものすべてを自分で支払わなければいけないので、その時点からお金が貯めづらい部分があります。

というわけで、一人暮らしである分まずはお金がかかることを念頭に置いておくべきです。その上で節約をするというなら、やりやすい食費などを節約してみることをおすすめします。
一人暮らしをしているのは大学生等が多いと思いますが、よく大きな部分から節約して貯金しなさいっていうのはナンセンスだと思います。
若い人は保険なんてほとんど入っていませんし、家賃だって学生寮やワンルームマンションですからさして節約できるポイントは少ないです。

少ない稼ぎの中から、すでに大きな支出もある程度セーブできている状態ですから、いわゆる小さな節約を積み重ねることで貯金を増やすのが王道です。

ただし、一人だから人の目を気にせずにお金を使ってしまうケースは多いはずです。ちょっと友達とお酒を飲みたいとかカフェでおしゃべりしたいといった事態が発生するので、そういったイベントは回数を決めるといったことをおすすめします。
周りにもその旨を伝えておけば、付き合いが悪いなどと言われることもないはずです。

それから、公共の場所を利用して節約するというのも一つの手です。図書館などにいる時間を増やすことで部屋の電気代等も節約できます。
最近は大学の図書館なども無料で入れるので、資格勉強したい社会人などにもおすすめのスポットです。

食事が節約しやすいところとは思いますが、一人暮らしはすべて自分でしなくてはいけないので、外食よりはお惣菜を購入する中食を増やすところからスタートするのがおすすめです。
無理して食材を買っても無駄にしてしまったら無駄遣いなので、神経質になりすぎず、自炊は取り入れるのが貯金を増やすコツです。

息ピュア口コミはこちらからどうぞ!